昔はプトレ猿ヘイト、今はモルモラドランシア、それにしても9期長い

遊戯王を辞めるに辞められない青二才の日課・改二甲背景

# 遊戯王を辞めるに辞められない青二才の日課・改二甲

# プロフィール

Author:青二
遊戯王暦はvol.2から

# 最新記事

# FC2カウンター


電脳エナジー・ネイション

永続罠
「電脳エナジー・ネイション」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの発動時の効果処理として、自分のデッキ・墓地から
「電脳増幅器」1枚を手札に加える事ができる。
(2):以下から1つを選択してこの効果を発動できる。
●自分の手札・デッキから「サイコ・ショックウェーブ」1枚を墓地に送り、
自分のデッキから「人造人間」モンスター1体を墓地に送る。
●自分の手札・墓地から「人造人間」モンスター1体を特殊召喚する。
(3):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
自分のモンスターゾーンの「人造人間-サイコ・ショッカー」はカードの効果では破壊されない。
この効果は無効化されない。


ちょっと控えめにしすぎた感、それでもテキスト長いけどね



ガーゴイルの狂宴

永続魔法
(1):このカードの発動時の効果処理として、
自分のデッキ・墓地から「ガーゴイル」1体を特殊召喚できる。
この効果を使用したターン、自分は悪魔族モンスターしか特殊召喚できない。
(2):1ターンに1度、手札を任意の数だけ相手に見せ、
自分フィールドの「ガーゴイル」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターに石像カウンターを見せた枚数1枚につき1つ置く。
(3):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、フィールドの石像カウンターの数以下のレベル
またはランクを持ったモンスターは攻撃できない。
(4):自分・相手のエンドフェイズに1度、フィールドの石像カウンターを任意の個数取り除いて発動できる。
攻撃力・守備力の合計が取り除いた数×1500以下になるように、
デッキから「ガーゴイル」通常モンスターを手札に加える。


疲れた、次は短いの作りたい


グレムリンの森

フィールド魔法
「グレムリンの森」の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):「グレムリン」モンスターの効果が発動した場合に発動できる。
デッキから「一角獣のホーン」1枚と「グレムリン」1体を手札に加える。
(2):自分の墓地の装備魔法がカードの効果によってデッキに戻った場合に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。
(3):「グレムリン」モンスターを融合・S・X素材として特殊召喚したモンスターは、
次の相手ターン終了時まで戦闘では破壊されず、カードの効果を受けず、リリースできない。


気が向いた時に総評書く


勇敢な砦を守る翼竜

ペンデュラム・効果モンスター
星4/風属性/ドラゴン族/攻1400/守1200
【Pスケール:青1/赤1】
(1):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
デッキからドラゴン族・風属性の通常モンスター1体を手札に加える。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は風属性モンスターしか特殊召喚できない。

【モンスター効果】
(1):このカードが攻撃対象に選択された時に発動できる。
自分のエクストラデッキから表側表示のPモンスター、
または裏側表示のモンスターをランダムに1体墓地へ送る。
墓地へ送ったカードがドラゴン族・風属性モンスターだった場合、その攻撃を無効にする。
(2):このカードが手札・デッキ・エクストラデッキから
墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。
デッキからドラゴン族・風属性のPモンスター1体を手札に加える。


翼竜に守られし砦

ペンデュラム・通常モンスター
星4/風属性/ドラゴン族/攻 0/守2500
【Pスケール:青7/赤7】
(1):自分のドラゴン族・風属性の通常モンスターが相手モンスターと戦闘を行う場合、
相手はダメージステップ終了時までモンスターの効果・魔法・罠カードを発動できず、
バトルフェイズの間だけその相手モンスターの効果は無効化される。
(2):自分の攻撃力1500以下のドラゴン族・風属性・レベル4モンスターが
相手モンスターに攻撃するダメージ計算時に発動できる。
その戦闘を行う自分のモンスターは、攻撃力がダメージ計算時のみ元々の数値の倍になる。
【モンスター情報】
天空に届くほど高き山の頂きに存在する砦。
その堅牢な砦を落とした者は今まで誰もおらず、その場所を守り続ける翼竜がいるらしい。


ちょっとごちゃごちゃ書きすぎた感ある

続きを読む »

# 固定要素

固定要素:a
固定要素:b
固定要素:c
固定要素:d
固定要素:e
固定要素:f
固定要素:g